FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

お客様からのお手紙です

2007/10/30
毎週、藤井さんの話題をお届けしていますが、今日は先日の産直交流会に参加されたお客様から藤井さんに宛てられたお手紙を、ご本人の承諾を頂き、ご紹介させていただきます。
 「私がマクロビオティックや自然食料理のまねごとを始めてから約2年になります。それまでは当たり前のように、スーパーに並んでいるキレイな色のキレイな形の野菜を買って食べていました。農薬や化学肥料の有無なども考えたこともありませんでした。本や料理教室で勉強していくうちに、農薬や化学肥料、添加物の怖さをやっと判ってきたところです。マクロの本などをみると必ず最初に「野菜、穀物は有機野菜を選びましょう」と書いています。藤井さんたちのような有機野菜の作り手が存在しないとマクロは成り立ちません。今では私は殆どスーパーに行く必要なくなり。いろんな所で有機野菜を購入できるので本当にありがたいと思っています。私は農業を体験したことは一度もありません。虫も蛙も苦手です。自分では何も産み出すことができません。農薬を使っている農家の方々を非難する資格もありません。農業の大変さも想像でしか理解していません。こんな私が出来ることは、藤井さん達の野菜を買って食べること、こういう産直交流会に参加してお話を聴くことくらいしかありません。感謝の気持ちでいつも参加しています。
 折りしも、先週NHKで日本の食糧事情や農業についての番組が放送されていました。番組を通じて多くの人々が命の源である「食」に関心を持ってくれることは良いことだと思います。そして少しでも多くの人が有機野菜に関心を持ち、そこからまた1歩進んで環境問題まで考えるようになってくれることを願っています。藤井さんは、大変なことをやっていらっしゃる割りには良い意味で力が抜けていらして、さらっと野菜の気持ちになってお話されていて、そこがファンの多い所以かな、と思いました。どうぞこれからも美味しく、おもしろくて、「命ある野菜」を作り続けてください。」以上、ベジガーデンのお客様 Yさまより
スポンサーサイト



22:17 ベジガーデン便り | コメント(0) | トラックバック(0)

秋のおすすめメニュー

2007/10/26
今秋おすすめの新メニューをお知らせします!
ディナータイム(17時30分~22時オーダーストップ)
季節野菜とカボチャのトマトリゾット    800円 
カボチャと豆乳ソースがまろやかな美味しいリゾットです
*ごぼうたっぷり玄米ピラフ         700円 
大人気の久留米の中村さんのごぼうを使用。風味と甘みが美味。
*季節野菜のフリット            800円
 さくさくの衣で新鮮野菜を揚げました。
*ごぼうと里芋の豆乳グラタン        800円 
藤井さんのもちもち里芋とごぼうのコンビ、温まる味です
*れんこんステーキ             600円
 佐賀の川久保さんのほくほくれんこん!ノドにも良いですよ。
*雑穀つぶつぶのぺペロンチーノ       800円
 お待たせしました!オーガニックパスタ(細めん)とアマランサス
 を使用しています。
*ベジタブルピザ きのことバジル      1100円~ 
自家製生地と豆腐のチーズ風でヘルシーなピザです

スイーツ
*アールグレイティーと干しりんごのスコーン    280円
*カボチャとレーズンシナモンケーキ        400円

**店内でお召し上がりの場合は、自家製豆腐クリームをトッピング。  テイクアウトもできます。

お持ち帰り
ご要望にお答えして、お弁当(昼、夜共)承ります。1000円~ご予算に応じます。ご来店前にお電話いただくと助かります。どうぞよろしくお願いします。
18:57 ベジガーデン便り | コメント(0) | トラックバック(0)

産直交流会

2007/10/26
 先週の土曜日に産直交流会を開きました。ゲストは、佐賀、鹿島から、毎週土曜日に野菜の直売に来店されている藤井敬三さんです。
 藤井さんの野菜のパワーに惹かれて大勢の皆さんが集まってくださいました。まずは新鮮なとれたての野菜たちのサラダを、塩、しょうゆ、味噌などをつけて(そのままでも!)味見。それから、素材の味を大切にしながらのヤサイ料理を数皿。どれも濃いし、甘みも強い、パワフルな味にまた感動。次々に飛び出す質問に、明快に答える藤井さん。視点は、常に野菜の立場や土の立場での回答に一同、新しい感動を受けました。
 「野菜は本来は、ほっておくとどんどん伸びて行き草を押し倒す程になる。、、」「土は、肥料も何もしないほうが元気になる。将来的には、たい肥もやめていきたい。」等、、、
 今後も藤井さんが、毎週土曜日午後4時より店頭にて野菜直売をしてくださるそうです。ぜひ、ご来店くださいね! 以下は、藤井さんのお手紙より抜粋  「、、、今年の9月は例年の8月なみの気温で、キャベツ、ブロッコリー、大根などの冬野菜にとっては暑すぎ、しかも干ばつが続いたので大きくならず心配していましたが、ようやく気温も下がり快晴続きなのでぐんぐん大きくなっています。大根、白菜も順調に育っています。中略、、、。昔から大根、白菜の播き始めは9月1日(二百十日)と相場が決まっていましたが、近年の温暖化の状況では9月1日に播いたのではかなり虫に食べられてうまく育たず、2週間以上遅らせたほうが無難なようです。桜、梅などの開花による種まきの目安は気温とともに変動するので現在でも信頼できますが暦による目安は全面的に見直す必要がありそうです。」以上
18:08 ベジガーデン便り | コメント(0) | トラックバック(0)

おかげさまです。

2007/10/17
藤井農園の藤井敬三さんをゲストに迎える産直交流会(10月20日)はおかげさまで、満席となりました。当日は7時からは貸切とさせていただきますのでご了承ください。 先週に続き、藤井さんのメッセージを転載させていただきますのでどうぞ。
 「佐賀平野の稲もほぼ終わり、あとはもち米を残すのみとなりました。私の田も遅ればせながら、13日から刈り取りを始めました。1昨年から、田には化学肥料はもちろん有機肥料も施さない無肥料栽培を続けていますが、無肥料栽培の稲は、老化が遅く倒伏、品質低下の恐れもないのであせって刈る必要はなく完熟状態まで田に置くことができます。また、今年はウンカの飛来数が多く、一般栽培では穂が出てからもヘリコプターによる殺虫剤散布を行っていましたが、それにもかかわらず田のあちこちでウンカに吸われ茶色に刈れた部分が目立ちました。無肥料栽培のイネは、野性的に育っているため無農薬にかかわらず、上流から肥料の入った水が流れ込む田を除いては、ほとんど被害はなく、改めて無肥料栽培のイネの力を実感しました。8,9月の天候が良かったため収量も平年並み(一般栽培の70%)ですが、品質の良い米が収穫できそうです。」以上、藤井敬三さんのお便りより
19:55 ベジガーデン便り | コメント(0) | トラックバック(0)

藤井農園NO,4

2007/10/13
前回に続き佐賀の藤井さんのメッセージです。
「3、寒さから身を守る。今はあまりみかけなくなりましたが、私が子どもの頃、冬に頬が真っ赤になっている子は多く、また寒い時に長時間海で泳ぐと全身が紫色になったりしていましたが、それと同様に野菜も寒さに対応して色を変化させていきます。現在の品種改良された青首大根やカブはほとんど色の変化はありませんが、佐賀多久原産の女山大根は寒さが強くなるほど首の部分の紫色が濃くなります。私の畑は標高約300mにあるので年に1回は大根が完全に凍ってしまう日があるのですが、その時でも女大根は、ほとんど傷むことがありません。
また、滋賀の日野菜かぶ、島根の津田かぶ、長崎の赤カブも寒くなるほど地上部が紫色に色づいてきます。またキャベツ、ブロッコリーも寒の強くなる1,2月には、紫色に変化します。この紫(アントシアニン)が出ることを多くの生産者は嫌い、肥料を沢山やって、色が出ないようにするのですが、これが反って黒腐病などの寒さによる病気を引き起こすようです。また、私の経験では、アントシアニンが出たほうがより甘みが増すように感じます。(終わり)
今週の土曜日も沢山のお野菜を運んできてくださった藤井さん。楽しみに買い物に来てくださるお客様たち。いつもありがとうございます!私もお野菜の新鮮さや美味しさ、エネルギーの強さに驚きの連続です。次回の20日(土曜日)も店頭販売、それから7時からは、藤井さんをゲストに産直交流会をします。ぜひ、ご参加お待ちしています。
22:50 ベジガーデン便り | コメント(0) | トラックバック(0)

沖縄アゲイン

2007/10/08
20071008191828
楽しい旅も終わりました。はなりびらのお父様、大変お世話になりました!また必ず戻ってきますね。皆さんもぜひ沖縄に癒されに行きましょう。
19:18 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

沖縄

2007/10/08
20071008080222
二日間お店はお休みさせていただいて、沖縄に来ています。お客様とスタッフ12名の旅です。やはり海の色が違います!
08:02 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

10月のお知らせ

2007/10/05
産直交流会10月20日(土)PM7時からゲスト:佐賀県鹿島市 藤井敬三さん
いtうも野菜の気持ちになって畑に立っておられる藤井さんの言葉にはいつも感動させられています。ぜひ、この機会をお見逃しなく!
    参加費 お一人1500円(藤井さんのヤサイをメインにした料理と1ドリンクつき)参加ご希望のかたは、お電話か店頭にて。

恒例キャンドルナイト10月21日(日)ディナー5時30分~今月は22日が月曜定休日なので21日となりました。今月のおすすめメニューは「かぼちゃ料理特集!」詳しくは店頭にて。
 ご予約は不要、お一人さまからでもOKです。
19:00 ベジガーデン便り | コメント(0) | トラックバック(0)

藤井農園その3

2007/10/05
前回に引き続き佐賀の藤井さんからのお手紙の続きです。
「種子がまだ未熟な時、柿は渋味、みかん類、トマト、イチゴは酸味、ゴーやは苦味によって鳥から食べられないよう身を守り、種子が成熟すれば色を変化させて鳥に知らせ、それと同時に見事に渋味、酸味、苦味を抜き甘みに変えてしまいます。しかし例外もあり、ピーマン、とうがらしは赤くなっても鳥は食べません。
2、健全な子孫を残すため害虫、病原菌から身を守るアントシアニン(紫)、ベーターカロテン(橙色)、リコペン(赤色)などの野菜の色素は抗酸化力を持っていることで注目されていますがこれらのポリフェノール色素は動物に対しては薬となる一方、虫や菌に対しては毒の作用を示すことが推測されます。実例を紹介しますと①さやいんげんの種(豆)は普通白色ですが、これは播いた時、土中の虫に食べられやすく、そのため市販の種子には農薬が紛衣されています。しかし仲間である赤い金時豆、小豆、ささげは、そのまま播いてもほとんど虫に食べられることはありません。②ナスは色のつく前の小さい時は二十八星てんとうむしによくかじられるのですが紫色が濃くなってからはほとんど食べられません③にんじんもヨトウ虫以外の虫に食べられることはなく、赤じゃがいも、赤かぶなども白色の品種に比べ病虫害には強いように思います。(つづく)
 今週の土曜日の夕方(10月6日)もこられます。藤井さんの力強いお野菜に会いに来てください!
17:49 ベジガーデン便り | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |